カナダ留学・ワーキングホリデー

留学保険・海外旅行保険

留学にあたって絶対に忘れてはいけないのが留学保険です。その国で発生した医療費を負担する「医療保険」や、医療費に加えて様々な特典の付いた便利な「海外旅行保険」などがある。

<節約派の方>現地の医療保険

現地の保険会社が留学生向けにリーズナブルな医療保険を用意しています。日本の保険のように色んな保証や特典が無く、純粋に医療だけの保険ですが、このおかげで逆に安価な保険料が実現できています。だいたい一日2ドル(またはそれ未満)で加入出来るのでお手頃です。一ヵ月でも60ドル以下!さらに種別によっては歯科治療がサポートされるものがあります

<現地保険会社の特徴
・パソコンとクレジットカードがあれば簡単に手続き可能(出発直前でもすぐに手続きが終わります)
無駄な補償内容を省く事で、日本の保険の1/2-1/3の節約
現地に日本人スタッフがいるので困った時も日本語で安心
・現地で延長も出来る

以下のリンク先にある現地の保険会社は日本人スタッフがいるので、何かあった場合も日本語で対応してもらえる点が安心です。

現地民間保険の詳細について(日本語サイト)
by Bridges International Insurance Services

■保険金の受け取り方法

実際に治療を受けた場合、医者に診断書を用意してもらい、治療費は一旦自分で負担します。その後治療費請求の書類を保険会社へ郵送すると、保険会社から小切手で治療費が支払われる仕組みです。従って小切手を換金するために自分名義の銀行口座が必要となります。その為観光ビザの人(=通常銀行口座は持てない)は換金出来ない可能性があるのでご注意ください。
一時的に立替払いをする、治療費の請求(クレーム)をする・・・という手間がかかる事だけ覚えておいて下さい。

<しっかり派の方>日本で留学保険に加入(AIU保険)

出発前に、民間の保険会社を利用するケースをご紹介します。この方法が最も一般的です。
海外旅行保険で一番有名なAIGグループのAIU保険です。なんと言っても世界中に展開しているグループの強みで、殆どの海外主要都市でキャッシュレスで医療が受けられるという点で非常に安心感があります。日本語のサポートセンターにも各地からローカルコールでかけられ便利。という事で、ここではAIU保険を中心に紹介します。

留学・旅行保険の申し込みは、ライセンスのあるAIUの代理店から申し込みましょう。具体的なプランや保険料は各代理店で異なる事もあるので、直接確認しましょう。最近はオンラインで申し込み出来る所も増えてきて便利になってきました。書類も質問事項や個人情報を記入するだけで簡単です。

■サポート内容

一般の海外旅行保険には、海外で医療を受けた場合の医療費だけで無く、死亡や障害、賠償責任、はたまた携行品の盗難・紛失までサポートしている充実ぶりです。私の友人も留学中にデジカメを無くしたのだが、保険のおかげでなんと同じ機種の新品を購入する事が出来たそうです。備えあれば憂いなし。特に短期留学の人や、高価な物を持参する人にはうれしい特約です。

さて注意したい事の一つが、通常プランでは歯科治療がカバーされないという事です。しかも海外の歯科治療はとっても高額(保険無しだと一回で軽く1000ドル、約8~9万円超える事も)。怪我による一時的な歯の治療はサポートされる事もあるようですが、虫歯は原則サポート外です。留学中には間違っても虫歯にならないよう日々気をつけるか、渡航前に歯医者で検査してもらい、怪しい歯が見つかったら出来るだけ治してしてから渡航する・・に限る。その行動だけで、「もしも」の時の数十万円の出費を抑える事が出来るかもしれません。用心しましょう。

■保険料

さて値段は保障内容によって若干異なりますが、2015年10月現在はどこの代理店を使ってもプランはほぼ変わらなくなっているもようです。一年間だと16~20万円ほどのプランが中心となっています。日本で国民健康保険に入ってる場合と同じかちょっと高いくらいですね。その代わり何かあれば100%カバーしてもらえるケースが殆どです。

■申し込み

オンラインで見積もり・申込みが可能ですが、代理店に問い合わせして資料を手元で見たり詳しく話を聞いて加入する事も出来ます。
資料請求や担当者へ連絡して話を勧めたい場合はこちらを参照してください。

クレジットカードの付帯保険

クレジットカード保険クレジットカードには通常はじめから海外旅行保険の機能が備わっています。これは自動付帯保険とも呼ばれ、カードを所有している人なら手続きや申し込み、保険料の支払いも不要という、とても便利な保険です。保障される期間はプランによって異なるが、渡航から最大90日のケースが多い。サポート内容には死亡、治療、携行品、賠償責任などが含まれます。短期の留学ですと、これを利用する方もたまにいます。

保険の対象期間や保障内容はカード会社によって異なり、また保険適用の条件(例えばカードを使って航空券を購入したりホテルの決済で使用する等)が設定されている場合もある。渡航前に必ず適用条件や保障内容、対象期間、手続き方法を確認しておきましょう。

いずれにしろ保険期間は渡航日から「最大三ヶ月」なので、長期留学の方は、他の保険と組み合わせて計画する事を忘れないで下さい。(民間の保険を併用するか、三ヵ月後は現地の保険会社を利用するなどでカバー出来る)
私の個人的な見解では、クレジットカードの付帯保険はあくまで「補助的な保険」という位置づけるのが良いと思います。

■複数カードの加入について

現在は殆どのクレジットカードには付帯保険がついていて、複数カードを持つのも一般的です。ここで頭によぎるのは「複数のクレジットカードを所有していたら、各社からの保険金額はどうなるのか??」という疑問。一瞬「A社とB社の保険金額がそれぞれ支払われて得しちった♪」みたいな金儲け的な発想が浮かんでしまいますが、そうはいきません。実際は以下のようなシステムになっているようです。

★複数の保険を利用する場合の保険金支払いルール

①死亡・後遺障害の保険金(保障金額が最も高いカテゴリ)
→各社の保険のうち最も高い保険金額を限度として、各社で按分する。

②それ以外の保険金
→「各社の保険金額を合算」した範囲内で実際の損害額を限度として、それぞれの保険から按分して保険金が支払われる。

保険金の上限設定が、死亡・後遺症障害か否かで異なる訳です。
つまり、①の場合は上限設定が一社の保険金額なのに対し、②については各社の保険金額を合算したものになるという事です。実損を超えた保険金が支払われるという事はありませんが、複数のカードを持っている方が補償限度が飛躍的に高くなるという事ですね(死亡・後遺症障害を除く)。逆に言うと、死亡級の事故が起きた時だけ各社が最も高い保険金額を支払わずに済む・・という、カード会社にとって便利なルールと言えるかもしれません。
まーいずれにしろ、我々利用者にとっても複数のカードを持っていたほうがオトクという事ですヽ(´ー`)ノ

当サイトでも留学の保険に便利なクレジットカードを紹介しています。詳しくはクレジットカードのページをご覧下さい。

【参考】クレジットカード会社の付帯保険情報
Nicosカード CITIカード 三井住友VISA JCBカード

国民健康保険を使う

国民健康保険(以後「国保」)に加入したまま留学した場合、滞在中にかかった医療費を帰国後請求する事が出来ます。支払われる額は日本の治療費に換算した額の7割となります。短期留学だったり住民票を残して留学される方は、国保で請求が出来るという事を覚えておきましょう。

注意点は、日本と海外で治療費の相場が異なるケースです。例えば海外の治療費が日本の相場よりも高額だった場合、たとえ7割の保障であっても日本の相場に換算するとほんのわずかだった・・というケースも考えられます。治療を受けると自己負担が必ず発生しますから、留学中の保険として国保だけに頼るのではなく、あくまで留学保険の補足的なもの・・と考えた方がよいでしょう。「どうせ国保に加入しているなら請求しておこう」程度の捉え方が適切だと思います。申請はちょっと手間ですが、民間の海外保険と合わせればむしろ得する可能性もありますしね(゚ー゚*)ニマ

詳細は国民健康保険中央会の海外治療費支給制度の頁をご覧下さい。また役所手続きでも国保の事をもう少し詳しく書いています。

■手続きの流れ

1.出発前に必要書類を入手する(出来れば)
まず日本の役所で「診療内容明細書」と 「領収明細書」を手に入れます。
これらは国民保険中央会のページでも手に入るため、ダウンロードしてプリントアウトしておいてもよいでしょう。
またこれらに準じた書類であれば代用出来るので、診察時に医者から同等の物をもらい利用する事も可能です。

2.診療を受ける
留学中に診療を受けた場合、まず治療費は一旦全額を自分で支払います。
そして医者に1.で用意した書類への記入、又は同等の書類(診断書や領収書)を作成してもらいます。

3.帰国してから役所で請求
医者に書いてもらった書類を持って役所に行って治療費の請求をします。なお英語の診断書などは日本語に翻訳する必要があります。翻訳は内容が正しければ誰の訳でもよいそうなので、自分で辞書を使って綺麗に訳しておきましょう。

BC州の健康保険

BC州に半年以上の滞在予定がある学生・ワーホリビザの人はBC州の公的な保険MSP(Medical Services Plan)に加入する事が出来ます。MSPとはBC州政府の医療保障関連をしきるHealth Insurance BCが運営している、日本で言う国民健康保険のようなものです。

日本人留学生に関してMSPの特徴をまとめると、以下のとおり。
・学生ビザ又はワークビザ(ワーホリ含む)を所有すること。ビジターは不可
半年以上BC州に滞在すること
・申請してから保険が有効になるまで三ヶ月かかる(その間保険は使えない)
・申請三ヵ月後にCare Cardという保険証にあたるものが郵送されてくる
・保険料は月64ドル。政府から請求書が送られる。1,3,6,12ヶ月の中から選んで事前に支払う。


参考:MSPの申請資格者
Who is Eligible?

An individual must be a resident of B.C. in order to qualify for medical coverage under MSP. A resident is a person who meets all of the following conditions:

  • must be a citizen of Canada or be lawfully admitted to Canada for permanent residence;
  • must make his or her home in B.C.;
  • must be physically present in B.C. at least 6 months in a calendar year; and
  • dependents of MSP beneficiaries are eligible for coverage if they are residents of B.C.
Certain other individuals, such as some holders of study and/or work permits issued under the federal Immigration and Refugee Protection Act are deemed to be residents, but tourists or visitors to B.C. do not qualify.

■メリット、デメリット

最低半年のBC州滞在、そして申請がパスするまで三ヶ月もかかる点が短期留学生には難点です。申請して三ヶ月の間は別の保険で医療費をカバーしておかないといけません。とは言えCare Cardが届いたら、その後医者でかかった治療費はキャッシュレスとなります。超便利!ただし歯科治療や薬代などはカバーされないので自分で支払う必要があります。

年800ドル以上で医療費が殆どカバーされる訳ですからかなりお得、安心して怪我が出来ます(笑)。 ただ条件的に、大学やカレッジ等へ通う長期で留学する学生に適した保険と言えるでしょう。観光の人は加入できませんし、申請後の待ち時間を考えるとワーキングホリデーの人も実質あまり利用価値は低いと思います。

詳細は以下のリンクを参考に。
・MSP(Medical Services Plan)
・ワーキングホリデーの場合の申請方法(英語) ※ワーキングホリデーの場合、雇用主からのレター等が必要です。