カナダ留学・ワーキングホリデー

カナダの大学留学(カレッジ・大学)


近年、海外の留学・進学でスポットライトを浴びる事が増えているカナダの大学・カレッジ。学校数は日本やアメリカに比べると少ないものの、教育水準の高さや学習環境では世界トップクラス。また北米英語環境で美しい英語も同時に身につくとあって、渡航先として人気があがっています。
カナダ留学ワーキングホリデーセミナー
カナダから出張カウンセリング!カレッジ・大学のマンツーマン相談受付中(東京・大阪)

カナダの公立カレッジ・大学の特徴

カナダ大学・カレッジ1教育水準の高さが世界的に有名なカナダの大学・カレッジは、そのほとんどが公立(州立)です。日本と比べると学校数は少ないですが、北米全体で認知度が高く質の良い学校が多いので、世界中から進学したい学生が集まってきます。また学費もアメリカに比べて良心的なのも特徴です。

日本の大学との大きな違いとして、基本的には「入学試験」というものはなく(*学部によってテストの受験が必要な場合もあり)出願条件を満たせば入学はできます。
ただし、卒業までに取得しなければいけない単位数が決まっており、必須単位を落としてしまった場合は再度取得のために、費用と時間をかけることになるので、一般的に入学するよりもストレートに卒業するのが難しいと言われています。

大学とカレッジの違い

大学とカレッジの違いは、簡単に言えば 大学=4年制、カレッジ=2年制 と言えばわかりやすいでしょう。つまりカレッジは日本でいう短大に近いイメージですが、実際のカレッジの位置づけや目的は日本の短大とはかなり違う面を持っています。

カレッジの特徴

カナダのカレッジは、コミュニティカレッジと呼ばれる教育機関で1-2年の専門 分野を学べるプログラムが一般的です。 大学に比べて、より実践的で就職に役立つスキルを学べる場として、ビジネス、 ホスピタリティ、ヘルスケア、アートなど多様な分野をより専門的に学ぶこと ができます。
公立のカレッジの場合は、施設や授業の質は大学に劣らず充実した環境で学ぶこ とができ、1クラスあたりの生徒数が少人数制で学べるのも特徴で す。また、専門分野のみならず大学編入コース(University Transfer Course)を持つカレッ ジも多く、2年間の一般教養を学んだ後に、大学に進学するプランも留学生に大 変人気です。

大学の特徴

日本でいう4年制大学同様で、必要単位を修得すると学位が取得できます。プログラム内容はカレッジに比べて学問・研究色が強いですが、途中で自分の専攻を変え たり、学部を移動したりすることも比較的自由にできます。 1クラス200人規模の大きな大学から、少人数制のクラスで受けられる大学まで様々ですが、いずれも施設や環境も整っており、世界中から様々な国籍の学生が集まり環境で学ぶことができます。
カレッジよりも学費は高いと言われますが、州や場所によっては比較的リーズナブルに学べる大学もあり、アメリカの大学に比べる3分の2の費用で学べる点もカナダの大学が支持される理由の1つです。

ビザについて

公立の大学・カレッジへ入学する場合は、長期の留学となるので必ず学生ビザが必要になります。語学学校で取得する学生ビザと違い、公立の大学で取得する学生ビザは、週に20時間までパートタイムでアルバイトをすることができます。
*学生ビザ自体に、上記点が明記されています。

公立の大学を卒業後には、Post Graduation Work Permit(通称:ポスグラ)と呼ばれる、オープンワークパーミットを取得することができます。
期間は2年制カレッジの場合は2-3年程度、4年制大学の場合は3年間有効となり、フルタイムで業種問わず働けるビザなので、ポスグラ取得後にカナダの企業で就職し、その後カナダ移民へとつなげる方も多いです。

費用について

  • 公立カレッジの場合…約年間14,000カナダドル~16,000カナダドル
  • 公立大学の場合…約年間15,000カナダドル~16,000カナダドル

    授業料以外に、登録料、教材費、保険、生活費などが発生します。

入学条件について

英語力
学校によっても異なりますが、留学生の場合、平均的に以下の英語力が求められます。

・カレッジの場合…IETLS Overall 6.0, 6.5以上/ TOEFL iBT 80-85以上
・大学の場合…IETLS Overall 6.5以上/ TOEFL iBT 90以上

その他
大学や学部によって、エッセイ、ポートフォリオの提出、面接や英語以外の試験受験が必要な場合があります。

付属語学学校プログラムについて

カレッジや大学の本科プログラムへ入学する上で、必要となる英語力に満たない場合に、その学校の付属語学学校プログラムにて就学し、既定レベルまで達した段階で、英語力証明のIETLSやTOEFLなどのスコアを提出なしに本科プログラムへ進学できる方法です。付属語学学校プログラムでは、大学進学に必要なアカデミックスキルを身に着けることができるので、本科プログラムに上がれた段階でエッセイの書き方や、ディスカッション、ディベートのやり方など、現地の学生の中でも自信を持って講義を受けられる力をつけることができる準備期間でもあります。
すでに入学条件を満たす方でも、1セッションだけ事前に付属語学学校のプログラムを取って、英語力のブラッシュアップをした上で進学する方も多いです。

大学編入制度について

カナダの公立大学に入学する場合、英語力・費用面ともにハイレベルな条件が必要となります。
そのため、2年制のカレッジからの編入制度というのが留学生にはポピュラーで、特にBC州エリアではこの制度を利用して、難関大学と呼ばれる4年制の大学へ入学する留学生が多くいます。

また、カレッジで2年間University Transfer Course(大学編入コース)を就学した後に、3年次から希望の大学へ入学すると、直接4年間大学に通うよりも費用を削減することができます。

日本のようにトータルの学費が定まっていないカナダの大学では、単位を落とす度に追加で費用が発生してしまうため、単位をいかに落とさずストレートに卒業を目指せるかがポイントとなり、そういった面で大学編入制度は有効活用されています。

ご相談について

大学留学・カレッジ留学をお考えの方は気軽にお問合せ下さい。現地の留学エージェントがご相談を御受けします(無料)。カナダの大学システムの知識と、現地だからこそ知る学校の生情報を組み合わせ、計画を実現させるカウンセリングをさせていただきます。お気軽にお問合せ下さい。

お名前*
メールアドレス*
確認用メールアドレス*
お住まいの都道府県
電話番号
問い合わせ内容*
メールを送信する